Next Stage

リーディングワークショップ公演
音楽劇『A CIVIL WAR CHRISTMAS』




脚本 ポーラ・ヴォーゲル 翻訳・訳詞・演出 上田一豪

日本では知られていない作品を紹介するワークショップ公演。
第二弾の今回は、ピューリッツァー賞受賞作家ポーラ・ヴォーゲルが描く、南北戦争中のクリスマスイブのワシントン
D.C.を舞台にした音楽劇を上演致します。

日程/会場
2019年12月
22日(日) 13:00開演/18:00開演
23日(月) 19:00開演
24日(火) 19:00開演
25日(水) 14:00開演
26日(木) 19:00開演
27日(金) 19:00開演
28日(土) 13:00開演/18:00開演

予定上演時間 約2時間
(※大幅に変更がある場合はTipTapTwitter、HPにてお知らせ致します。)

すみだパークスタジオ倉 (東京都墨田区横川1-1-10) にて

出演
原慎一郎、田村良太、加藤潤一、法月康平、佐野眞介、小林遼介
三森千愛、松原凜子、髙橋果鈴、麻尋えりか
友部由菜、道垣内真帆、加能大、鳥居留圭

チケット   
チケット 6,500円

一般販売
11月16日(土)21:00販売開始

チケットはこちらから

Confetti[カンフェティ]

 あらすじ  
1864年のクリスマスイブ。
ワシントンD.C.を流れるポトマック川を隔てて南軍と北軍が睨み合っている。
時の大統領リンカーンは妻のクリスマスプレゼントのためにお忍びでホワイトハウスを抜け出していた。
妻を奴隷商人に攫われた北軍の黒人兵士は妻を探しに戦場へ。
北軍に家を焼き払われた南部の青年は復讐のために戦場へ。
負傷兵、暗殺者、看護師、馬などなど。
数えきれない沢山の登場人物達がそれぞれクリスマスを過ごす中、
家族を思い、国を思い、未来に思いを馳せている…
アメリカに伝わるクリスマスソングや民謡が物語を彩り、
今も変わらないクリスマスへの人々を暖かく語る音楽劇。

スタッフ   
翻訳・訳詞・演出 上田一豪/音楽監督 小澤時史/美術 柴田麻衣子
照明 関口大和(ASG)/音響 高橋秀雄(Entr’acte Inc.)/
演出部 角田萌夏/Web 相澤祥子/プロデューサー 柴田麻衣子
企画・製作 TipTap
後援 一般社団法人 映画演劇文化協会

お問い合わせ   
Twitter @gekidan_TipTap

【TipTap 制作】
MAIL/tiptap0153@gmail.com