b_01.png
b_02.pngb_03.pngb_02.png

2006年早大ミュージカル研究会OBが中心となり結成された劇団TipTapを
母体にしたミュージカルプロデュースカンパニー。
作品の幅は群衆劇からシチュエーションコメディー、ナンセンスまで、
多岐にわたり、上質なオリジナルミュージカルの提供を心がけ上演してきた。

近年は人生の意味や人間の弱さを掘り下げた深みのあるテーマを扱う作品も多い。
2009年劇団として解散し、2010年再始動の際からプロデュース形式をとっている。

2011年10月にニューヨークでの上演を目指しワークショップ公演で
初演されたCount Down My Lifeは日本での再演を重ね、
多くの方の温かいご支援に支えられ2013年8月NY国際フリンジフェスティバルに
海外招聘作品として、マンハッタンイーストビレッジのtheatre80での上演を果たした。

活動を始めてから10年間、作・演出上田一豪によるオリジナル作品を上演してきたが、
2016年TipTap10周年を目の前に、作品を発表することだけでなく
ミュージカルの面白さを届ける方法を模索するようになった。
今年から“ミュージカルをもっと面白く!”をテーマに《TipTapの朝活!》を始めた。

またその朝活の参加者のご意見から発想を得て、《Creator's Lab Tokyo》を立ち上げ、
今までの活動の垣根を越えてミュージカルクリエイターを中心に、実験的な企画や公演を発表していく活動を始める。

----------------------------------------------------------------------------------------

上田一豪
熊本県出身 東宝演出部所属

高校在学中イギリスへタップダンスを学びに留学。
2003年早稲田大学に入学、在学中に劇団TipTapを立ち上げ、『Count Down My Life』等
全ての作品の作・演出を手がけている。

2012年秋から1年間、 文化庁在外研修員としてニューヨークへ留学。

留学中に『Count Down My Life』 がニューヨーク国際フリンジフェスティバル2013に
招聘されア ンサンブル賞を受賞。

主な外部演出作品に
『End of the Rainbow』(青山DDDクロスシアター/俳優座劇場/
『Working』(新宿村LIVE)

演出助手として
『エンロン』(銀河劇場/デヴィッド・ グリンドレー演出)、
『ルドルフ ザ・ラスト・キス』(帝国劇場/デヴィッド・ルヴォー演出)、
『 ファースト・デート』(シアタークリエ/山田和也演出)、
『 十二夜』(日生劇場/ジョン・ケアード演出)等に参加。
『エドウィン・ドルードの謎』(シアタークリエ/福田雄一演出)等に参加。

他 『ラミン・ミュージカル・コンサート』の構成や
2017年3月にはシアタークリエでは『キューティー・ブロンド』の演出が控えている。