TipTap

前身は2006年早稲田大学ミュージカル研究会OB・OGを中心に結成された劇団。
2010年からプロデュース形式をとり昨年活動10周年を迎えた。
ニューヨークでの上演を目指し2011年10月ワークショップ公演として初演されたオリジナル作品『Count Down My Life』は日本での再演を重ね、2013年8月ニューヨーク国際フリンジフェスティバルに海外招聘作品としてニューヨークtheatre80で上演を果たし600人を動員した。
近年は都内小劇場で上質なオリジナルミュージカルの上演を心がけ活動を続ける他、ミュージカルをもっと面白く!をテーマに「TipTapの朝活」としてミュージカル講座を開催している。
2018年には初の地方公演を上演予定。

【受賞歴:2013年8月ニューヨーク国際フリンジフェスティバル アンサンブル賞】

Ikko Ueda

上田一豪  早稲田大学教育学部卒業。東宝演出部所属。

その他演出作品に『End of the RAINBOW』(CAT主催)、『Working』(映画演劇文化協会主催)、『キューティ・ブロンド』(東宝・関西テレビ主催)等。
日本版演出アドバイザーとして『Beautiful』〈帝国劇場〉、演出助手として『エンロン』〈銀河劇場〉、『ルドルフ・ザ・ラスト・キス』〈帝国劇場〉、『FIRST DATE』〈シアタークリエ〉、『十二夜』〈日生劇場〉、『お気に召すまま』〈シアタークリエ〉、『グレート・ギャツビー』〈日生劇場〉等に参加。